ラジコン飛行機
ラジコンデパートFUNFUN 初めての方へ 送料について 店舗紹介 サーキット案内 ブログ スタッフ紹介

戻る  

カシオペア [C11074]ベル222-550ボディ(グリーン) 【ヤマト不可 】
[C11074]ベル222-550ボディ(グリーン) 【ヤマト不可 】
定価 ¥79,800
商品価格: ¥71,820


 
数量:

ベル222-550(550-600/Gas50クラス)

全長1380mm 全幅:380mm
ボディ高:285mm
ボディ重量980g
価格;79.800-(税別)

オレオ脚付き引き込みユニット ¥16.800-(税別)

イルミネーションシステム ¥3.500-(税別)

ジェットエンジン・サウンドシステム ¥35.000-(予価)(レシプロエンジン切換え付き)


ビジネスジェット・ヘリで有名なベル222.
VIPを迎えて目的地に移動する様子を再現します。
(大阪平野をバックに撮影。)


都会の夜景をバックに今にも夜間飛行にスタートしそうな風景。(皇居/坂下門で撮影)

リトラクトユニットはピアノ線式も準備。
実機らしく飛ばす。
エンジンスタートから始まり、ローター回転をゆっくり上昇、すぐに離陸するのではなく機内で点検作業を考えながら、いざスタート。すぐに浮かせないでせっかく車輪が付いているのですからタキシングから初め滑走路端のスタート地点に移動。

一旦停止でタワーとの交信を考え滑走開始と共に走りながら離陸~目の前で車輪を収納。
上空ではアイドル・アップを入れるのも良いのですが、適度の「実機らしい」速度を維持しながら、優雅にフライト。
軽いボディはアイドルアップを入れると、空力の良さも有ってスタントボディ並みに速度が上がりますが、そこはツメを隠しストールターンぐらいの演技に留め、あくまで「実機らしい」フライトに撤します。

着陸進入も空港の進入空路を意識し、ギャラリーの見える場所でリトラクト・ダウン。
スキッド式ならホバリング~着陸ですが、歩く速度くらいで接地、そしてタキシングでエプロンまで移動しタービン温度を下げながらゆっくり停止。

実機らしく飛ばすのは、F3C,3Dフライトのような派手さは無いのですが、大変難しい演技です。
それだけに奥が深いとも言えます。


スケール感を一層引き立てる別売のイルミネーションシステム(別売)3.500-

明るさは晴れた昼間では見えないですが夕暮れには丁度良い明るさ。部屋のインテリアとして飾るにも最適。
(昼に見える明るさは夕暮れでは目前のホバリングで幻覚を起こしフライトは危険。室内のイルミネーションでは明るすぎて家族の反対に。)
受信機と共通電源でも良いのですが、イルミネーション電源は完全放電しても問題無いニッカドバッテリー(ニッケル水素バッテリー)がお勧め。
350mAhバッテリーで12時間点灯と説明書に書かれてますが、実際は約2日間点灯してます。

サウンドシステム動画

フライトを一層引き立てる「サウンド・システム

機体各部のスイッチを入れ、さて出発時、スタータースイッチをONした時のタービンの回転が徐々に上昇するサウンドを再現。音に合わせてローターを回転させるのはパイロットの演出??
一通りフライトを終えて着陸、そしてローター回転を止めた時もタービンの回転が落ちて停止する音も再現されます。
まるでタービンの回転状況を思い起こすサウンドです。

機体寸法図

各社550-600クラス(30-50エンジン)に対応。
550クラスの場合はテールブーム延長が必要です。
ノーズ&メインギアーは実機通りの動きが有り着陸のショックを吸収するサスペンション構造。
見るだけでなく実用的なリトラクトユニットです。

バッテリーの交換は背面にハッチを取付けます。
蓋はマグネットとピンでしっかり固定。

実機に有る物は出来るだけ再現。
排気管の熱による「焼け」実機が網の部分はステッカーでは無く「網仕上げ」 各フライト・ライトはレンズや成形で「実機どうり」
給油口やドアヒンジ、取っ手まで高いレベルで仕上げました。
従来のキットでは仕上げ用にステッカーが付属してますが、当社ヘリボディは全てステッカーは貼った上にクリヤー仕上げを行っており経年変化で変色、剥がれなどの耐久性は全く違います。
実機との違いと言えば・・・実機以上に美しく仕上がっている??

従来のスケールヘリとは違う「本物の模型」に仕上げました。好評発売中のベル222-700クラスに続き、サイズダウンされた550-600クラス用ベル222が新登場。
機体各部の仕上がりは700クラス機と全く同じ。
新しく作っただけあって手の込んだ作りになってます。
一機一機職人が拘って作り、高いレベルで仕上がってます。
基本ボディは中国製ですが、大量生産を感じる仕上がりとは違い、日本の国産職人と同じ工程の下地、磨き、塗装、仕上げの各工程をきっちり仕上げており、美しさだけでなく耐久性、仕上げの軽さはさすが。

中国製??って品質を疑われるニュースを良く聞きますが、カシオペア中国工場は熱心な職人たちの集まりです。
ベル222をはじめ多くの機体を製造している職人工場。
現地工場では、営業的なコストダウンを要求すると拒否される頑固オヤジたち。
でも「良い物を作る!」という事にかけてはコスト無視で夢中で仕上げる職人たち。
良い物を作る為に、頑固オヤジだけでなくイケメン兄ちゃんやモデルじゃないの??って思える女性までが夢中で機体を仕上げてます。
そんな製作工場に日本の職人が作った「良い物」を加えて出荷されるカシオペア製品。
従来のスケールヘリとは違う「本物の模型」に仕上げました。

実機に有る物は出来るだけ再現。
排気管の熱による「焼け」実機が網の部分はステッカーでは無く「網仕上げ」 各フライト・ライトはレンズや成形で「実機どうり」
給油口やドアヒンジ、取っ手まで高いレベルで仕上げました。
従来のキットでは仕上げ用にステッカーが付属してますが、当社ヘリボディは全てステッカーは貼った上にクリヤー仕上げを行っており経年変化で変色、剥がれなどの耐久性は全く違います。
実機との違いと言えば・・・実機以上に美しく仕上がっている??

各社550-600クラス(30-50エンジン)に対応。
550クラスの場合はテールブーム延長が必要です。
ノーズ&メインギアーは実機通りの動きが有り着陸のショックを吸収するサスペンション構造。
見るだけでなく実用的なリトラクトユニットです。

バッテリーの交換は背面にハッチを取付けます。
蓋はマグネットとピンでしっかり固定。

フライトを一層引き立てる「サウンド・システム

機体各部のスイッチを入れ、さて出発時、スタータースイッチをONした時のタービンの回転が徐々に上昇するサウンドを再現。音に合わせてローターを回転させるのはパイロットの演出??
一通りフライトを終えて着陸、そしてローター回転を止めた時もタービンの回転が落ちて停止する音も再現されます。
まるでタービンの回転状況を思い起こすサウンドです。

スケール感を一層引き立てる別売のイルミネーションシステム(別売)3.500-

明るさは晴れた昼間では見えないですが夕暮れには丁度良い明るさ。部屋のインテリアとして飾るにも最適。
(昼に見える明るさは夕暮れでは目前のホバリングで幻覚を起こしフライトは危険。室内のイルミネーションでは明るすぎて家族の反対に。)
受信機と共通電源でも良いのですが、イルミネーション電源は完全放電しても問題無いニッカドバッテリー(ニッケル水素バッテリー)がお勧め。
350mAhバッテリーで12時間点灯と説明書に書かれてますが、実際は約2日間点灯してます。

実機らしく飛ばす。
エンジンスタートから始まり、ローター回転をゆっくり上昇、すぐに離陸するのではなく機内で点検作業を考えながら、いざスタート。すぐに浮かせないでせっかく車輪が付いているのですからタキシングから初め滑走路端のスタート地点に移動。

一旦停止でタワーとの交信を考え滑走開始と共に走りながら離陸~目の前で車輪を収納。
上空ではアイドル・アップを入れるのも良いのですが、適度の「実機らしい」速度を維持しながら、優雅にフライト。
軽いボディはアイドルアップを入れると、空力の良さも有ってスタントボディ並みに速度が上がりますが、そこはツメを隠しストールターンぐらいの演技に留め、あくまで「実機らしい」フライトに撤します。

着陸進入も空港の進入空路を意識し、ギャラリーの見える場所でリトラクト・ダウン。
スキッド式ならホバリング~着陸ですが、歩く速度くらいで接地、そしてタキシングでエプロンまで移動しタービン温度を下げながらゆっくり停止。

実機らしく飛ばすのは、F3C,3Dフライトのような派手さは無いのですが、大変難しい演技です。
それだけに奥が深いとも言えます。
77566775667756677566